Sponsor link



ランドクルーザーの機能紹介映像です。

『Toyota Safety Sense P』
事故に真摯に学び商品開発に活かす、トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の歩行者検知機能を搭載した衝突回避支援パッケージ。
それが、“Toyota Safety Sense P”です。
車速が高い事故ほど重大事故につながるというデータをはじめ、さまざまな交通事故統計を分析し、発生割合の高い事故に対応する4つの先進安全機能をパッケージ化しました。
同時に、各機能の信頼性を高める高精度な検知センサーを新開発。いま最先端の技術革新の成果を組み入れ、ドライバーの安全運転を多面的にサポートします。

・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。
警報と表示で知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。
ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。
プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては約10~80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。
また、車両に対しては約1 0 k m / hから作動。
たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は、衝突回避または被害軽減を支援します。

・レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)
ミリ波レーダーからの情報により、先行車を認識。
設定した車速内で車速に応じた適切な車間距離を保ちながら追従走行ができます。

・レーンディパーチャーアラート
レーンディパーチャーアラートは道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、
ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。

・オートマチックハイビーム
ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。
切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

Sponsor link



おすすめの記事