Sponsor link



死亡事故の約7割が「歩行者事故」「正面衝突・車線逸脱」そして「追突」に分類されることを、ご存知でしたか。トヨタは、これらの事故が起こりやすいシーンをカバーするための、さまざまな機能をひとつのパッケージにしました。

危ない!と思ったときに、衝突の回避や被害の軽減をサポートする先進の予防安全パッケージ、それが「Toyota Safety Sense」トヨタセーフティセンスです。

Toyota Safety Sense P 紹介映像
・自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム 歩行者検知機能付)
2種類のセンサーにより、車両だけでなく歩行者も検知。
また高速域でも作動し、衝突の回避や、被害軽減をサポートします。

・車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)
道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、
ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。

・追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)
前のクルマの加速・減速に合わせ、
一定の車間距離を保ちながら、追従走行ができます。

・自動ハイビーム(オートマチックハイビーム)
先行車や対向車のライトを認識し、ヘッドライトの上下の向きを自動で切り替えます。

Toyota Safety Senseについて詳しくはこちら!
http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/





Sponsor link



おすすめの記事